市民税や住民税の滞納をカードローンで支払う

突発的な出費があって市民税を滞納してしまうということも、長い人生の中では起こりえます。
そんなピンチを切り抜けるために、使い道が自由なカードローンを利用することを検討するという人も少なくありません。

しかし、心配になってしまうのが、市民税を滞納しているという理由で、カードローンの審査が通らないのではないかということです。
もしも、カードローンの審査に、市民税を支払っていないことが原因で落ちてしまうということであれば、カードローンに申し込んだ人の税金の支払い状況についての情報が個人信用情報のデータベースに掲載されているということになります。
カードローンのサービスを提供している消費者金融や、銀行などといった金融機関は、カードローンの審査を行うときに、個人信用情報のデータベースを照会することになります。

しかし、個人信用情報のデータベースには、税金の支払い状況に関する情報は掲載されていません。
そのために、カードローンのサービスを提供している消費者金融や、銀行などは申し込んだ人の税金の支払い状況について把握することはできません。

そのため税金などを滞納していたとしても、審査の段階では消費者金融や、銀行には分からないため、市民税を支払っていないという理由で審査に落ちてしまう可能性は、ほとんどありません。
申し込んだ人が自分から税金などを滞納していることを申告しな限りは、消費者金融や、銀行などでは把握をすることができません。

そのため、カードローンのサービスを利用して、お金を借り入れて、そのお金で市民税の支払いに充てることも可能ということになります。
しかし、あくまでも借金であることには変わりがないので、しっかりとした返済計画を立てて、返済がしやすいように必要最低限の金額を借り入れる必要があります。

税金は滞納すると延滞金が発生するので、支払期限までにお金を借り入れて支払った方が、経済的にも得になります。

このページの先頭へ